ネスカフェのマーケティング戦略

コーヒーメーカーも昔に比べて増えてきましたが、国産のメーカーだけでなく海外のメーカー等も入ってきており、かなりの激戦が予想されています。日本人は、古くからお茶を飲む習慣はありましたが、コーヒーを飲む習慣はありませんでした。ただ戦後になると、一般庶民でもカフェなどでコーヒーを飲む人が増えてきたわけです。当時は喫茶店などと呼ばれる呼び方が主流でしたが、平成に入ってからカフェと呼ばれるところが増えてきました。一般家庭でも飲んでいるものをカフェで出すわけにはいかず、カフェにはカフェインの特徴のある営業スタイルや戦略が練られています。これに対して、一般家庭で飲むネスカフェなどは海外からの企業に対して独自のマーケティングマネジメントをする必要性に迫られたといえます。

ネスカフェのマーケティング戦略

ネスカフェの種類等を増やすと同時に、人気のあるものはより多く生産し人気のないものは減らしていく考え方を示しています。そして何より多くの人にネスカフェを印象づけるために、代表的な商品を出すことに注力しました。これにより、ブランド化ができたと言ってもいいかもしれません。当然昔からネスカフェを知っている人も多かったわけですが、浸透し海外の企業に負けないために魅力的な商品展開をしています。

もう一つマーケティング戦略として優れているのは、キャンペーンなどを定期的に行っていることです。ネスカフェ アンバサダーと呼ばれるコミュニティーを作り、これがブランド化に成功した理由と言えるかもしれません。成功の要因があるとすれば、古くからのお客さんを重要視したことです。この点の戦略を間違えてしまう会社は少なくありません。

戦略を間違えた会社の特徴があるとすれば、新しいお客さんを取り込もうとし古いお客さんをないがしろにする戦略を採用することです。確かに裾野を見ると随分と広がっている傾向があるかもしれませんが、新しいお客さんがリピーターになる確率はそれほど多くありません。全体の2割ほどがリピーターになれば良いと言われています。しかしながら、古いお客さんはすでにリピーターとなっており、わざわざ古いお客さんをないがしろにして新しいお客さんを捕まえるのは、ある意味愚の骨頂と言えるかもしれません。ネスカフェアンバサダーは、専用のオンラインショップに入ることができ、ネスレ通販を利用することが出来るのも、会員のモチベーションを上げる仕組みの1つといえます。今までファンだった人がやがて信者になる日も遠くはないでしょう。

ネスカフェアンバサダーとは ?選べる選べる2つのコース?!

会社などの企業では休憩時間に本格的なコーヒーを、美味しく頂いたり、安く購入するためにネスカフェ アンバサダーを利用したい人が増えています。ネスカフェアンバサダーとは、ネスカフェのネスレマシンを無料でレンタルして、美味しいコーヒーを定期購入できる仕組みです。

ェアンバサダーとは ?選べる選べる2つのコース?!

ネスカフェ アンバサダーは2種類のコースが選べますが、ネスカフェバリスタWはコース1のみ、ネスカフェバリスタDuo+はコース2のみとなっています。アンバサダーのネスカフェ キャンペーンを利用することで、お得な金額で契約をすることが出来ます。会社などの企業にネスカフェのネスレマシンを設置して、香りが良く美味しいコーヒーやお菓子などを頂くことが出来るのが魅力です。

コース1は美味しいコーヒーが中心のコースになっており、コース2はコーヒーの種類が多いのはもちろんですが、美味しいお菓子などを提供してもらえます。ネスカフェアンバサダーとは、事前に電話で申し込んでおくと担当者が会社に訪問をして、わかりやすく丁寧な説明をしてくれるので安心です。料金についても詳しく説明をしてくれるので、金額に納得が出来たら契約をすると良いでしょう。契約が成立すると最適なネスレマシンを無料でレンタルできるので便利です。