マーケティング戦略 Archive

コカコーラのマーケティング戦略・広告戦略とは

コカコーラのマーケティング戦略・広告戦略とは

どのようなマーケティング施策を打ち出すべきか迷ってしまうというケースは少なくありませんが、そのような際に参考になるのが有名企業の成功事例です。他社とのマーケティング スキルを比較することで、有効な施策立案につながる可能性がありますが、ここでは世界的な大手飲料メーカーであるコカコーラ マーケティング戦略・広告戦略をご紹介していきます。
フェラーリのマーケティング戦略

フェラーリのマーケティング戦略

フェラーリのマーケティング戦略は、独特です。「欲しがる客の数よりも1台少なく売れ」という戦略をとっています。日本のコンビニエンスストア等では、機会の損失を極端に嫌います。品切れの状態にしないためにどうするのか、にフォーカスしているところがほとんどです。これとは逆の戦略を、フェラーリは採用していると言えます。
ネスカフェのマーケティング戦略

ネスカフェのマーケティング戦略

コーヒーメーカーも昔に比べて増えてきましたが、国産のメーカーだけでなく海外のメーカー等も入ってきており、かなりの激戦が予想されています。日本人は、古くからお茶を飲む習慣はありましたが、コーヒーを飲む習慣はありませんでした。ただ戦後になると、一般庶民でもカフェなどでコーヒーを飲む人が増えてきたわけです。当時は喫茶店などと呼ばれる呼び方が主流でしたが、平成に入ってからカフェと呼ばれるところが増えてきました。一般家庭でも飲んでいるものをカフェで出すわけにはいかず、カフェにはカフェインの特徴のある営業スタイルや戦略が練られています。これに対して、一般家庭で飲むネスカフェなどは海外からの企業に対して独自のマーケティングマネジメントをする必要性に迫られたといえます。
日本におけるキットカットのマーケティング戦略

日本におけるキットカットのマーケティング戦略

日本には膨大な数のチョコレートがあります。日本人はことのほか、チョコレートを好む民族であり、百貨店の催事ではバレンタインイベントが一番人出が多く最も売り上げを上げるともいわれています。黒い宝石と言われるほど、巧みな職人の技がそこには込められており、高品質の海外のカカオ豆を使い職人たちがバレンタインイベントでその技を競い合うんです。 こうした高級なチョコレートたちも日本人に人気ですが、普段食べるチョコレートとしてkit katも非常に人気があります。イギリスは70年以上の長生き氏がありますが、昭和の当時日本では認知度が低くどのようにキットカッのトマーケティング戦略を打ち出していくべきか社内では問題になりました。
M&Mのマーケティング戦略:人々を魅了し続ける方法

M&Mのマーケティング戦略:人々を魅了し続ける方法

海外のチョコレートメーカーの商品の1つに、日本人ならば誰でも知っている商品があります。それが、m & m’sになります。この商品は、アメリカの会社が作った商品で現在でもスーパーマーケットやコンビニエンスストアなどで売られているのが特徴でしょう。現在の40代から上の人ならば、子供の頃や若い頃にこのような商品が出たことを記憶しているはずです。実は、海外の商品が根強く日本に定着している例はあまりありません。特にお菓子関係は、特定のお菓子以外はすぐに撤退してしまうか3年から5年ほどで撤退してしまうのがオチです。やはり、日本人の口に合わないことがその理由の1つと言えるかもしれません。それにもかかわらず、m & m’sは長い間日本に残っています。すでに30年以上経過しているにもかかわらず、まだ販売が続いているわけです。
Minisoのマーケティング戦略

Minisoのマーケティング戦略

Minisoは2014年に設立された先進的な日本人の企業家によって設立されたブランドであり、わずか7年間で79カ国以上に3,500もの店舗を構えた、新進気鋭のブランドとなっています。その特徴は非常に人目を引くユニークなカラーリングにあり、そのデザイン性の特徴だけでも世界の多くのファンを魅了するものとなっていましたが、様々なキャンペーンを進出した国々で大々的に展開したことでも非常に注目されるブランドとなっていました。