日本におけるキットカットのマーケティング戦略

日本には膨大な数のチョコレートがあります。日本人はことのほか、チョコレートを好む民族であり、百貨店の催事ではバレンタインイベントが一番人出が多く最も売り上げを上げるともいわれています。黒い宝石と言われるほど、巧みな職人の技がそこには込められており、高品質の海外のカカオ豆を使い職人たちがバレンタインイベントでその技を競い合うんです。こうした高級なチョコレートたちも日本人に人気ですが、普段食べるチョコレートとしてkit katmも非常に人気があります。イギリスは70年以上の長生き氏がありますが、昭和の当時日本では認知度が低くどのようにマーケティング戦略を打ち出していくべきか社内では問題になりました。

日本におけるキットカットのマーケティング戦略

昭和であってもチョコレート業界は競合他社が多くそこで認知度を上げ売り上げを伸ばしていくのは至難の業でした。当初銀ホイルに包んであって自分で割って食べる、ポケットサイズ式のkit katが販売されていましたが、顧客の問題意識やクレーム調査をしていく上でこの形状が消費者にとって食べにくいことがわかりました。そこで消費者にとって食べやすいコブクロ分けにし、チョコを折るときも手が汚れない工夫などを施すことで食べやすくなり、売り上げが伸びるようになっていったんです。

このようにkit katは問題発見能力にもたけていたのです。そして肝心のマーケティング戦略ですが、認知度を高めるためにCMを頻繁に放送し、当時人気絶頂であった美少女タレントの後藤久美子や宮沢りえを起用してイメージ戦略をかけました。このマス マーケティング手法は見事に当たり、キットカットは日本におけるもっともさわやかで印象の良いおいしいチョコレートとして不動の地位を築きました。最近のマーケティング手法はキットカットのネーミングにかけてきっと勝つとぉとCMなどで放送し、受験生応援に最適なチョコレートとしてさらなる売り上げを目指し、積極的にメディアを活用しニュースにして宣伝広告を行っています。もはや受験勉強の合間にキットカットでブレイクすることが当たり前との風潮さえあるんです。最近では、フレーバーの種類を豊富にしたり、全粒粉の製品を作るなどがニュースとなって話題にもなりました。様々庵フレーバの小さなキットカットの詰め合わせは、高級チョコレートに負けないほどの人気でバレンタインのギフトとしても用いられるようになってるんです。特に抹茶のフレーバーは以前外国人観光客にも人気で売上高も多いんです。