マーケティングの創造性を高めよう

“自社の商品やサービスを宣伝するためにマーケティングの戦略を練り直しても、成果が得られなくて困っている時に役立つのがオンラインマーケティングです。企業のマーケティングをインターネット上で行う事によって、人件費を削減しながら多くのデータを得られる可能性があります。特に効果的だと言われているのがソーシャルメディアを活かしたマーケティングで、SNSで話題になっているキーワードなどのデータを集めるだけでも、新商品や新サービスの開発を進める時に役立つデータが得られます。ユーザーの性別や年齢層などのデータを取得しながら、商品の開発に活かす事も可能です。

SEO施策もオンラインマーケティングでは欠かせない戦略の一つで、ユーザーが特定のキーワードで検索した際に、検索エンジンの上位に自社のウェブサイトが表示されるように対策できます。社内の従業員にだけSEO施策を任せていると、キーワード管理の効率が悪化してしまい、SEO施策の効果が実感できない場合もあるので専門家を頼る事も重要です。専門知識を持つスタッフにキーワード管理を任せるだけでも、自社のウェブサイトが検索エンジンの上位に表示される可能性が高くなります。

メールマーケティングを活用している企業も多く、メールマガジンをユーザーに送信する事で、お得なキャンペーンなどの情報を素早く伝える事ができるのが利点です。SNSで情報を発信しているだけでは、一部のユーザーが情報を見落としてしまう可能性を考える企業や、SNSを活用していない人に向けて情報を提供できます。メールマガジンの一斉送信やテキストの編集機能などを備えた、メールマーケティングツールも活用してください。送信する時間を指定できるために、間違って深夜にメールを送信してしまう心配もなく、HTMLメール機能なども充実しています。

ランディングページの最適化もオンラインマーケティングの一つで、ランディングページを作ったまま放置している企業は、レイアウトの機能性が不十分なまま放置されている事も珍しくありません。一部の文字が読みにくい、リンクをクリックしにくいといった問題点を見つけるためにも、ランディングページの最適化を依頼しておく事も重要です。ユーザーが商品を購入しやすい構造に変えてもらうだけでも、オンラインマーケティングの効果を実感できます。今までの宣伝のやり方だけでは上手くいかない可能性があると考えて、SEO施策やランディングページの最適化などの作業を進めてください。”